武道の動きを通じて健康長寿。

研閂会について

研閂会は豊川市を中心に東三河で活動してる健康武道教室

代表 福松 義至

 

 武道を「格闘術的強さ」だけでなく「実用的な身体運用」で考えています。

 また日本武道には日本文化の成立と関わりがあります。「文武共通の所作」は他の国にはありません。

 健康面だけでなく、美術的、歴史的なことも「武道」に含まれていると考えています。

 

 

 

 

 


さぁ、はじめましょう


  武道など昔しの人たちの動きは、全身一致で動く全身運動です。

 

 現代は昔と比べ生活動作の種類が少なくなりました。そのため、使われる筋肉も少なくなり通称ロコモと呼ばれる「ロコモティブシンドローム(運動器症候群)」が年齢問わずにおこっています。

  

 全身一致で動く全身運動は、姿勢を整え、ロコモ予防や改善につながります。

 

役立つ基本動作


 立つ、座る、歩くなどに、日常動作でも今昔の違いがあります。

 肩こり、腰痛解消のヒントにしてください。

 

稽古風景


  いろいろな目的に合わせた稽古をします。

基本歩行、受け身は姿勢改善になります。

 

定期教室

日曜:夕方 体験入門できます。

参加お待ちしております。

詳細は問い合わせください。

 

多々種々話しネタ帳


 文化、歴史、多方向の視点から書く「研閂会の楽しいブログ」

  • なぜ「日本伝統の所作は文武共通」なのか?
  • 東三河は「日本伝統の発祥の地」?
  • etc

書籍


日本伝統の所作は文武共通です。茶道も武道も同じ「日本伝統すり足」で歩きます。

 日本人の健康を守ってきた「すり足」の由来や効能について書きました。

 

平成31年2月1日 文芸社より発売中


研閂会について

研閂会は豊川市を中心に東三河で活動しています。

代表 福松 義至

 

 『東三河は「日本文化の発祥」の地』の可能性があると感じて、

日々勉強中です。

 

 

 


師匠、先輩たちの教室紹介


国際錬風流武道連盟

総本部 錬風館


国際錬風流武道連盟 輝真館


国際錬風流武道連盟 名古屋支部 

颯子会


国際錬風流武道連盟 東京本部 

積志会